新着情報


by furacoco_nuu

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

四国のたび~小豆島編

高松から フェリーで一時間 小豆島に到着。

小豆島といえば、日本で最初にオリーブ栽培がはじまったところで有名ですが、

大小あわせて 20軒弱のお醤油メーカーがあるお醤油の町でもあるようです。

ヤマロク醤油さんへ

a0086654_1330847.jpg

a0086654_13313223.jpg

昔ながらの製法でつくられ、 蔵と味噌をつくる樽は 150年以上も経過しており、
樽や柱にはたくさんの乳酸菌 酵母菌が住み着いています。

このお醤油の味を保ちつずけているのは=この蔵と樽に住む菌を保っていくことでもあります。

昔の味を守っていくこと 本当にすごいことです。

そして、このような2メートルに及ぶ樽を作る職人さんも減ってしまっていることも
不安材料の一つでもあるようです。

入口で、洋服についたほこり 菌をはらい。
蔵を見学させていただくことができます。

ふぁわりと 麹のいいと香りがひろがります。 

次にお伺いしたのは、フォレスト酒蔵森國ギャラリー&カフェ 。

a0086654_13504681.jpg


すーっと高松でつくってきたお酒つくりを小豆島に移し、

おいしい湧水をもとめて 

最小限のもので 美味しいお酒を追及していく こと。

職人魂を感じます。 本当に大切なものを追及していくこと、とてもすごいことです。

古いものを残していくこと、新しいことをしながら本当に大事なものをみつけていくこと

考えさせられます。

おかあさまのつくられた 冷たい甘酒と酒粕のグラタン やさしい味でおいしかったなあ~

a0086654_1435751.jpg

この気候と自然があっての、おいしいものをたくさんに頂きました。
ごちそうさまでした。

次回は 高知の旅のおはなし。
[PR]
by furacoco_nuu | 2012-08-20 14:09 | 日々のこと

夏のお休み

すこし長い夏のお休みをいただいていました。

 旅からのたくさんのおいしいものと 出会った方からの元気をいただき充電完了です。

昨日から 通常営業がはじまりました。

 この夏は ずーっといってみたかった四国へいってきました。

何といっても海と山の自然がいっぱいで おいしいうどん おいしいお魚 おいしいお酒。

4泊ということで、 高知の四万十の方まではいけませんでしたが、

愛媛 香川 小豆島 高知と周りました。

まずは 愛媛の道後温泉へ
a0086654_21215753.jpg

千と千尋の舞台である台湾の九扮にも行ってきたのだから
ぜひ、油屋のモデルにもなっているこの温泉にもいってみました。

明治に建てられた木造の3層になっていて とても素敵な建物でした。
料金によって 一階の神の湯 二階の霊の湯とわかれていて、
3階のところには 盆踊りのやぐらのようなところに 和太鼓がありました。
どんな時にたたくのだろうか?? といまだに謎です。
温泉につかっているときに、太鼓の音がきこえたらあがりますねえ!

香川では やはりおいしいうどん 丸亀うちわ。

日本三大うちわの一つ 丸亀 渋うちわ
a0086654_22395564.jpg

一本のたけを 細く裂いていいて うちわのほねが出来上がります。
そこに 和紙をはり、 柿渋を何度も何度も塗り重ねてこのような深い色になっていきます。
一本ずつ丁寧な手仕事。日本の大切な手仕事のひとつ大切にしたいです。

入荷しています。ぜひ ご覧ください。

いつも基本 旅はノープラン。
その土地の 素敵なアンテナを持っていらっしゃる方に教えてもらうのが一番です。

100年の古い建物を改そうした NISHI NISHI さんへ (器や お洋服や 生活雑貨のある素敵なお店)

オーナー さんに いろいろと教えていただきました。

地元の方が 飲んで最後の締めにいく お汁のお店 最高でした。
大きな鍋にある おいしいだしをすくい お客様のオーダーがはいると 一つ一つ作っていきます。
おちょこでぐいっと飲みほすおじさんの味見の姿が また、実にかっこいいのです。

だしがおいしいのでお汁最高でした。

次回は 小豆島のおいしいおはなし。
[PR]
by furacoco_nuu | 2012-08-13 23:24 | 日々のこと